年末年始の閉館日について(12/28~1/4)


年末年始の経済学図書館の閉館日程は次のとおりとなります。
12月27日以前、1月5日以降は通常通り開館いたします。

2018年12月28日(金)~2019年1月4日(金)

図書館カレンダーも併せてご覧ください。

Posted in 経済学図書館, 開館日・休館日

展示会およびミニレクチュア「ホガースと 18世紀イングランドの暮らし」第1回の開催

東京大学経済学図書館では、大河内一男名誉教授(元総長)と大河内暁男名誉教授が2代にわたって収集されたウィリアム・ホガース(William Hogarth, 1697-1764)の版画71点の寄贈を受けました(ウィリアム・ホガース版画コレクション)。ホガースは18世紀のイギリスを代表する画家で、特に当時の世相を諷刺した版画の連作で知られています。
これを機に、図書館閲覧室内に小規模展示のための設備の整備を進めており、最初の催しとして以下の展示会およびミニレクチュアを企画しましたのでご案内いたします。なお連続展示とありますように、ホガース版画に関しては今後、複数の主題に基づいて順次、公開を進めていく所存です。

展示会名

東京大学経済学図書館所蔵 ウィリアム・ホガース版画連続展示
ホガースと 18世紀イングランドの暮らし」第1回 話を聴く(ポスターPDF

会期

2019年1月15日(火)より 4月11日(木)まで
月~金:午前 9 時より午後8時、土 :午後12時より午後5時(休館日:日曜、祝日、2月25日・26日・28日)
経済学図書館の開館時間中はどなたでも自由に参観できます。

会場

東京大学経済学図書館 閲覧室(赤門総合研究棟3階)

主な展示作品

「居眠り会衆」・「盲信・迷信・狂信 : 信者の集まり」・「当代深夜の酒宴」・「講義を聴く学生」

ミニレクチュア

2019年1月15日(火)午後12時15分より12時55分まで
東京大学経済学図書館 グループ学習室
事前申込不要

  • ホガース版画収集と所蔵の経緯 (小島浩之 経済学研究科講師・資料室長代理)
  • ホガースとその時代 (小野塚知二 経済学研究科教授・経済学図書館長)
  • ホガースの人物像 (野原慎司 経済学研究科准教授)
Posted in 主催展示, 展示, 経済学図書館, 経済学部資料室

ライブラリーツアー開催のお知らせ(2018年12月)

経済学図書館では経済学部・経済学研究科所属の方、他部局の入庫資格のある方に対してライブラリーツアーを開催します。閲覧室、書庫内をご案内し、資料の探し方、利用方法、レポート・論文の作成に必要な情報の集め方を説明いたします。
もっと図書館を活用したい方、利用について詳しくお知りになりたい方はぜひご参加ください。経済学部の学部学生は、ツアー参加後に書庫の入庫資格が得られます。

The Library of Economics will hold a series of library tours for the member of Faculty of Economics and for who has permission to enter the stacks. Please contact us.

【参加対象】

  • 経済学部・経済学研究科所属の方
    教職員、大学院生(入庫資格あり)
    学部生(参加後に入庫資格が得られます)

【開催日時】

  • 12月 6日(木) 11:00~11:50
  • 12月12日(水) 15:00~15:50
  • 12月17日(月) 12:15~12:55
  • 12月21日(金) 11:00~11:50

*各回とも定員は14名です。
*開催日時以外の日程を希望される場合、3名以上のグループのお申し込みで個別にツアーを開催します。事前に経済学図書館カウンターにてご相談ください。

【申込方法】

開催前までに経済学図書館カウンター、もしくは、下記の連絡先まで「参加したい日時」「氏名」「ご所属」「ご身分」「学年」をお伝えください。

【連絡先】

東京大学経済学図書館 図書運用係 The Library of Economics. Service Section.
赤門総合研究棟3階 (Akamon General Research Bldg. 3rd floor)

E-mail: unyo@e.u-tokyo.ac.jp
Phone: 03-5841-5562 (ext. 25562)

Posted in 経済学図書館

教育学部図書室との相互利用について

経済学図書館と教育学部図書室は、このたび相互利用協定を締結いたしました。
2018年11月1日から、経済学研究科に所属の方が、教育学部図書室の資料を館外貸出する場合に、以下の条件が適用されます。

【教育学部図書室所蔵資料の貸出条件(経済学研究科所属者)】

利用者区分 貸出冊数 貸出期間
経済学研究科の常勤教員 30冊 3か月
経済学研究科の名誉教授 20冊 2週間
経済学研究科の大学院生、非常勤教員、研究員、職員 20冊 1か月

 
また、教育学研究科にご所属の教職員、名誉教授、大学院生(含研究生)は経済学図書館の書庫に入庫できます。

Posted in 経済学図書館

資料の出陳・展示(11月3日~1月14日)

下記の日程で当館所蔵資料が出陳・展示されます。近くにお立ち寄りの際には参観いただければ幸いです。

たばこと塩の博物館

たばこと塩の博物館開館40周年記念特別展「産業の世紀の幕開け ウィーン万国博覧会」
会期:平成30年11月3日(土)~2019年1月14日(月)

当館からの出陳資料
・『明治六年墺國博覽會出品寫真』 (準貴重図書)→デジタルアーカイブ
・『澳國博覽會參同記要』(特別資料)

 

 

Posted in コレクション, 出陳, 展示, 準貴重図書, 特別資料, 経済学部資料室

ブックトーク・著者が語る『リサイクルと世界経済』(11/9)


中国の廃プラスチックなどの再生資源に対する輸入規制強化が、多くの国のリサイクル・システムを揺さぶっています。20年あまりに渡って、有害廃棄物・再生資源の貿易とリサイクルを研究してきた筆者が、研究のきっかけ、さまざまな現場の様子、『リサイクルと世界経済』を出版したあとの状況の変化の中で感じたことについて語ります。

ブックトーク・著者が語る『リサイクルと世界経済』

  • 講師: 小島 道一 氏(東アジア・アセアン経済研究センター シニア・エコノミスト)
  • 日時: 11月9日(金) 16:00~17:30(開場 15:30)
  • 会場: 東京大学総合図書館別館(地下) ライブラリープラザ
    <会場地図(リンク)>
  • 申込み: こちらの<申込フォーム>からお申し込みください。 残席がありますので、当日参加可能です。直接会場にご来場ください。
  • 定員: 40名程度 一般の方もご参加いただけます。参加費は無料です。
  • 資料: 参考文献リスト(PDF)

共催:日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館、東京大学経済学図書館、東京大学総合図書館、U-PARL(東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門)、東アジア・アセアン経済研究センター

お問合せ
東京大学経済学図書館 専門員
tosho-senmonin@e.u-tokyo.ac.jp
03-5841-5560

Posted in 未分類

年報および報告書の刊行

『東京大学経済学部資料室年報』第8号および報告書『東アジア古文書学の構築 : 現状と課題』を刊行しました。内容は以下の通りです。
いずれも経済学図書館で閲覧できます。

『東京大学経済学部資料室年報』第8号

座談会

  • アダム・スミス旧蔵書の書誌と目録のこれまでとこれから : 水田洋博士を囲んで

論説

  • 中・近世移行期の越前和紙に関する一考察 : 越前国今立郡岩本村内田家文書からの分析(本多俊彦・小島浩之・冨善一敏)
  • カルディン著『日本殉教精華』の古書冊学的研究(1)(森脇優紀・小島浩之)

研究ノート

  • 浙江省歴史調査報告 : 宋代古墓を中心として(武義・天台山・寧波篇)(佐々木愛)
  • 漢字・字喃経典料紙調査概要 : 東南アジア地域文献の史料論的研究序説(小島浩之・矢野正隆)

 『東アジア古文書学の構築 : 現状と課題』

1      総論:料紙および料紙調査方法の諸問題

  • 中国における記録媒体の変遷再考:文書料紙を中心として(小島浩之)
  • 文書料紙調査の観点と方法(本多俊彦)
  • 外国史料にみる、日本の製紙方法:Lande著“Art de faire le papier”の試訳(森脇優紀)

2      各論1:中国古文書の諸問題

  • 唐代公文書体系試論:中国古文書学に関する覚書(下)(小島浩之)
  • 徳川美術館所蔵「成祖永楽帝勅書」の基礎的考察(橋本雄)
  • 明代皇帝勅書の料紙について(髙島晶彦)
  • 織技から見た明代の誥勅(河上繁樹)

3      各論2:ベトナム古文書の諸問題

  • 史料紹介 安南日越外交文書写二題(藤田励夫)
  • 安南日越外交文書伝来考(藤田励夫)
  • ベトナムの誥勅と神勅 : 古文書学的視点から(矢野正隆)
Posted in 刊行物, 経済学部資料室

データベース利用開始のお知らせ(British Library Newspapersほか)

総合図書館が、下記3データベースのサービスを開始しました。
ぜひご利用ください。

British Library Newspapers. pt. 3-5

【内容】
大英図書館所蔵のイギリスの新聞をデジタル化したもの。地方紙も多数収録。
(pt. 1-2は、2013年の大型コレクション「British Newspapers 1600-1900」に含まれ、導入済)

Nineteenth Century Collections Online. Archive 9

【内容】19世紀を中心に、17世紀後半から20世紀初頭までの、イギリス・ヨーロッパの定期刊行物とアメリカの書籍を収録。Archive 9は、Archive 7に続くもので、1660年から1925年までの科学アカデミーの出版物、自然史関連文献、イギリスとウェールズの公衆衛生に関する英国公文書館文書、昆虫学関連文献を収録。
(Archive 2, 7は導入済)

Economist Historical Archive 1843-2014

(※平成25年3月から利用できない状態になっていましたが、再び利用できるようになりました。)
【内容】1843年から2014年のEconomist誌の全ページを横断検索することができます。 年代別や収録された写真・地図・グラフなどのイメージ画像からの検索もできます。

アクセス先

いずれのデータベースも
学内から:
https://gdc.galegroup.com/gdc/artemis?p=GDCS&u=unitokyo
※横断検索プラットフォーム「Gale Primary Sources」の検索欄の左側で、
それぞれのデータベース名 だけを選択して検索可能です。

学外から:
「SSL-VPN Gatewayサービスまたは認証GWサービスによる学外からの利用方法」を参照
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

いずれのデータベースも同時アクセス数は無制限です。

Posted in 経済学図書館