休館日のお知らせ(6月29日)

6月29日(金)は休館日です。
館内の利用はできません。

経済学部の教員の方、協力講座ご担当の教員の方で、緊急に図書を利用されたい場合は、
図書館入口脇のインターホンにてお知らせください。

Posted in 経済学図書館, 開館日・休館日

シンポジウム「教育・研究資源としてのデジタルアーカイブ:その管理・活用・保存」の開催について

このたび、東京大学経済学部資料室では、漢字文献情報処理研究会とともに以下の公開シンポジウムを開催することとなりました。入場無料で内容に興味のある方はどなたでも参加いただけます。ただし、終了後の懇親会のみ事前申込制となっております。懇親会の申込はこのニュースの最下段からお願いします。

概要

学術研究や教育への利用を前提として、デジタルアーカイブはいかに設計・製作されるべきか、大学図書館や研究者はどのようにデータを管理し保存すべきかなど、デジタルアーカイブの管理・活用・保存について、大学図書館の具体的な取り組みや海外における事例などに基づいて討論を行います。(なお、本シンポジウムの内容は2018年1月20日に花園大学で行われた漢字文献情報処理研究会第20回大会の特別セッション「デジタルデータの利活用と長期保存:大学図書館および人文・社会系研究者の役割」の内容と一部重なる部分があります。)

開催日時

2018年7月21日(土)午後1時より午後5時30分

プログラム

趣旨説明(小島浩之)
(1)安形麻理(慶應義塾大学文学部)「デジタルアーカイブと研究者の役割:構築、利用、分析の側面から」(慶應義塾大学文学部)
(2)森脇優紀「欧文マニュスクリプトにおけるテキスト化・デジタル化の現状・課題・可能性」(東京大学大学院経済学研究科)
(3)小島浩之「史料批判とデジタルアーカイブ:『大唐六典』と『皇明条法事類纂』を例として」(東京大学大学院経済学研究科)
休憩(14:35-15:00)
(4)中村覚「東京大学デジタルアーカイブズ構築事業:学術資産の利活用に向けた取り組み」(東京大学情報基盤センター)
(5)西岡千文「京都大学貴重資料デジタルアーカイブでの取り組み」(京都大学附属図書館)
(6)矢野正隆「「デジタル化」再考 : 媒体変換の前と後」(東京大学大学院経済学研究科)
総合討論(16:30-17:30)
 司会:二階堂善弘(関西大学文学部)

会場

東京大学大学院経済学研究科学術交流棟(小島ホール)2階
小島コンファレンスルーム

主催

東京大学経済学部資料室、漢字文献情報処理研究会

共催

科学研究費補助金・基盤研究(B)「情報時代における中国学研究・教育オープンプラットフォームの構築」16H03351、同・基盤研究(B)「『図書館資料保存論』に関する基礎的研究」15H02786、同・挑戦的萌芽研究「情報化時代における新たな史料学構築の可能性:『唐六典』を例として」15K12938、同・挑戦的萌芽研究「日本の洋式製本の技術伝播に関する歴史的研究:洋装本資料保存のための基盤整備」16K12543、同・基盤研究(B)「逐次刊行物データベースを利用したインドシナ3国出版思潮の研究」17H01834

懇親会

終了後午後6時より懇親会を行います。出席希望の方はこちらより申し込んでください(漢字文献情報処理研究会のサイトに移動します)

Posted in 経済学部資料室, 講演会・シンポジウム

ライブラリーツアー開催のお知らせ(2018年6月)

経済学図書館では経済学部・経済学研究科所属の方、他部局の入庫資格のある方に対してライブラリーツアーを開催します。
閲覧室、書庫内をご案内し、資料の探し方、利用方法、レポート・論文の作成に必要な情報の集め方を説明いたします。

The Library of Economics will hold a series of library tours for the member of Faculty of Economics and for who has permission to enter the stacks. Please contact us.

参加対象

・経済学部・経済学研究科所属の方
教職員、大学院生(入庫資格あり)
学部生 *学部生は参加後に入庫資格が得られます。

・入庫資格のある方
他学部所属の方の入庫資格についてはホームページ利用案内「入庫(東京大学所属)」をご覧ください。

◆ 初めて入庫される方、利用について詳しくお知りになりたい方はぜひご参加ください。

開催日時

・午前(11:00~11:50)開催

 6月12日(火)
 6月20日(水)

・昼(12:15~12:55)開催

 6月4日(月)
 6月15日(金)

・午後(15:00~15:50)開催

 6月7日(木)
 6月26日(火)

*各回とも定員は14名です。
*開催日時以外の日程を希望される場合、3名以上のグループのお申し込みで個別にツアーを開催します。

申込方法

開催前までに経済学図書館カウンター、もしくは、下記の連絡先まで「参加したい日時」「氏名」「ご所属」「ご身分」「学年」をお伝えください。

【連絡先】

東京大学経済学図書館 図書運用係 The Library of Economics. Service Section.
赤門総合研究棟3階 (Akamon General Research Bldg. 3rd floor)

E-mail: unyo@e.u-tokyo.ac.jp
Phone: 03-5841-5562 (ext. 25562)

Posted in 経済学図書館

年報および報告書の刊行

『東京大学経済学部資料室年報』第8号および報告書『東アジア古文書学の構築 : 現状と課題』を刊行しました。内容は以下の通りです。
いずれも経済学図書館で閲覧できます。

『東京大学経済学部資料室年報』第8号

座談会

  • アダム・スミス旧蔵書の書誌と目録のこれまでとこれから : 水田洋博士を囲んで

論説

  • 中・近世移行期の越前和紙に関する一考察 : 越前国今立郡岩本村内田家文書からの分析(本多俊彦・小島浩之・冨善一敏)
  • カルディン著『日本殉教精華』の古書冊学的研究(1)(森脇優紀・小島浩之)

研究ノート

  • 浙江省歴史調査報告 : 宋代古墓を中心として(武義・天台山・寧波篇)(佐々木愛)
  • 漢字・字喃経典料紙調査概要 : 東南アジア地域文献の史料論的研究序説(小島浩之・矢野正隆)

 『東アジア古文書学の構築 : 現状と課題』

1      総論:料紙および料紙調査方法の諸問題

  • 中国における記録媒体の変遷再考:文書料紙を中心として(小島浩之)
  • 文書料紙調査の観点と方法(本多俊彦)
  • 外国史料にみる、日本の製紙方法:Lande著“Art de faire le papier”の試訳(森脇優紀)

2      各論1:中国古文書の諸問題

  • 唐代公文書体系試論:中国古文書学に関する覚書(下)(小島浩之)
  • 徳川美術館所蔵「成祖永楽帝勅書」の基礎的考察(橋本雄)
  • 明代皇帝勅書の料紙について(髙島晶彦)
  • 織技から見た明代の誥勅(河上繁樹)

3      各論2:ベトナム古文書の諸問題

  • 史料紹介 安南日越外交文書写二題(藤田励夫)
  • 安南日越外交文書伝来考(藤田励夫)
  • ベトナムの誥勅と神勅 : 古文書学的視点から(矢野正隆)
Posted in 刊行物, 経済学部資料室

データベース利用開始のお知らせ(British Library Newspapersほか)

総合図書館が、下記3データベースのサービスを開始しました。
ぜひご利用ください。

British Library Newspapers. pt. 3-5

【内容】
大英図書館所蔵のイギリスの新聞をデジタル化したもの。地方紙も多数収録。
(pt. 1-2は、2013年の大型コレクション「British Newspapers 1600-1900」に含まれ、導入済)

Nineteenth Century Collections Online. Archive 9

【内容】19世紀を中心に、17世紀後半から20世紀初頭までの、イギリス・ヨーロッパの定期刊行物とアメリカの書籍を収録。Archive 9は、Archive 7に続くもので、1660年から1925年までの科学アカデミーの出版物、自然史関連文献、イギリスとウェールズの公衆衛生に関する英国公文書館文書、昆虫学関連文献を収録。
(Archive 2, 7は導入済)

Economist Historical Archive 1843-2014

(※平成25年3月から利用できない状態になっていましたが、再び利用できるようになりました。)
【内容】1843年から2014年のEconomist誌の全ページを横断検索することができます。 年代別や収録された写真・地図・グラフなどのイメージ画像からの検索もできます。

アクセス先

いずれのデータベースも
学内から:
https://gdc.galegroup.com/gdc/artemis?p=GDCS&u=unitokyo
※横断検索プラットフォーム「Gale Primary Sources」の検索欄の左側で、
それぞれのデータベース名 だけを選択して検索可能です。

学外から:
「SSL-VPN Gatewayサービスまたは認証GWサービスによる学外からの利用方法」を参照
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

いずれのデータベースも同時アクセス数は無制限です。

Posted in 経済学図書館

シラバスブックリスト2018年度版の公開について

シラバスブックリスト2018年度版を公開しました。
シラバスブックリスト2018は、経済学部の「講義要項」および経済学研究科の「授業内容の概略」に記載されている「教科書」「参考文献」をまとめたブックリストです。

シラバスブックリスト2018へのリンク: 学部のリスト大学院のリスト

  • 「タイトル等」列のリンクをクリックすると東京大学OPACへジャンプします。経済学図書館や東京大学内のどの図書館・室で所蔵しているか、確認することができます。
  • 「Online」列の矢印arrowpurpleをクリックするとE-Journal Portalや電子ジャーナルサイトへジャンプします。東大で利用できる電子ブック・電子ジャーナルに、簡単にアクセスできます。

講義等の準備にぜひご活用ください。

※ 内容は2018年4月1日現在のものです。
※ 記載内容に誤り・追加等がありましたら図書受入係までご連絡ください。

Posted in 経済学図書館

グループ学習室の予約利用サービス本運用開始のお知らせ(2018年4月1日~)

平成28年4月以降、グループ学習室の予約利用サービスを試行してまいりましたが、平成30年4月1日から、以下のとおり本運用を開始します。
予約可能人数はこれまで7名以上としていましたが、3名以上に変更となります。

予約の条件(変更)

以下の条件を満たす場合にのみ、グループ学習室を予約して利用できます。

3名以上のグループで利用します。
グループの主なメンバーが経済学部学生・経済学研究科大学院生です。
学習・研究目的で利用します。

予約申込・予約による利用時間

利用希望日の1ヶ月前から予約申込を受け付けます。
予約による利用時間は、午前・午後の各2時間を上限とします。
※土曜日は午後の2時間のみとなります。
1グループにつき、1日に1回の予約利用が可能です。
予約による利用時間中はグループの占有ではありません。空いているスペースで他の利用者も利用できるものとします。

Posted in 未分類

東京大学経済学部資料室公式Instagramの開設(3月6日)

3月6日より東京大学経済学部資料室公式Instagram(インスタグラム)を開設しました。

ユーザー名はUTokyo_rhcoです。

所蔵資料の紹介やイベント情報などを発信してゆきますので、フォローしていただきますようお願いいたします。

本サイトの下部にもリンクアイコンを設けてあります。

 

Posted in Webサービス