石川一郎文書

概要
  • 経団連初代会長・石川一郎氏(1885-1970)が1940年ころから会長を辞任する1956年までに
    ファイルした関係機関・組織の文書類(1,156点)
利用
  • 原則として経済学図書館閲覧室での複製版利用となります(請求記号→mf02:W1:1~279)。
目録
  • 石川一郎文書目録 [Web版](石川一郎文書のカード目録画像)
  • 『石川一郎文書仮目録』東京大学経済学部図書館資料室, 1989.11
  • 『マイクロフィルム版石川一郎文書リール別収録概要目録』雄松堂, 2001.7
複製版
  • 『マイクロフィルム版石川一郎文書』雄松堂, 2001.7
    発売元
  • 中北浩爾, 吉田健二編『片山・芦田内閣期経済復興運動資料』日本経済評論社, 2000-2001
    石川一郎文書の一部が、法政大学大原社会問題研究所『産別会議資料』『鈴木茂三郎資料』、信州大学経済学部『高野実文書』、大阪産業労働資料館(エル・ライブラリー)『中江平次郎文書』、ひょうご労働図書館『今津菊松資料』などとともに復刻されている。
文献
  1. 武田晴人「経営史料としての個人文書 : 石川一郎文書の整理に即して」(昭和58年5月26日第3回企業史料管理研究会での講演記録)
  2. 武田晴人「『石川一郎文書』解説」『マイクロフィルム版石川一郎文書リール別収録概要目録』雄松堂, 2001.7
関係コレクション
問い合わせ先
  • 経済学部資料室

Comments are closed.