濱田徳海資料(戦時税制資料)

概要
  • 大蔵官僚・濱田徳海(はまだのりみ:1899-1958)旧蔵の昭和恐慌期から日中戦争期にかけての税制改正関係資料(163点)。
  • 「馬場税制改革案」および日中戦争期の税制改正に関する『昭和財政史資料』未収録の大蔵省主税局内部文書を多数含む。
  • 印刷物および文書簿冊類(濱田資料I, 125冊)および文書類(濱田資料II, 38帙)に大別される。
  • 濱田資料IIの前半28帙(請求記号→濱田資料:II-5:10まで)は資料劣化のためマイクロフィルム化済(マイクロフィルムタイトル: 浜田事務官資料)。
  • 丸善発売のマイクロフィルムは上記マイクロフィルムを「戦時税制資料」と改題したもの。
利用
  • マイクロ化された部分は経済学図書館閲覧室での複製版利用となります(請求記号→mf99:W1:1~26)。
目録検索
目録
  • 濱田徳海資料目録 [Web版]
  • 『「濱田徳海資料」目録』東京大学経済学部図書館, 2000.11
  • 『戦時税制資料マイクロ版 [リールガイド]』丸善, [2007.9]
複製版
文献
  1. 神野直彦「『濱田徳海資料』について」『「濱田徳海資料」目録』東京大学経済学部図書館, 2000.11
関連文献
  • 大蔵省財政史室監修 『昭和財政史資料 : 震災から準戦時財政まで』日本マイクロ写真, 1984
問い合わせ先
  • マイクロフィルム関係: 経済学図書館図書運用係
  • 原本関係: 経済学部資料室

Comments are closed.