証券処理調整協議会資料

概要
  • 証券処理調整協議会は、第二次大戦後の経済民主化政策において、財閥解体、閉鎖機関整理、証券民主化等に対応するため設置された機関である。
  • 本資料群は以下の2種(合計1,674点)からなる。
    (1)証券処理調整協議会の組織内部資料類 【マイクロフィルム版 協議会資料編所収】
    請求記号→mf04:W4:1~100, mf08:W6:1~6
    (2)証券処理の対象企業に関して集約された資料類 【マイクロフィルム版 企業別資料編所収】
    請求記号→mf08:W1:1~264
利用
  • 経済学図書館閲覧室でのマイクロフィルム版による利用となります。
  • 原本は非公開
目録
  1. 『証券処理調整協議会資料収録明細書』協議会資料編, 雄松堂, 2004.9
  2. 『証券処理調整協議会資料収録明細書』企業別資料編, 雄松堂, 2007.3
  3. 『證券処理調整協議会資料』協議会資料編補遺, [雄松堂] , [2009]
複製版
  • 『証券処理調整協議会資料マイクロフィルム版』協議会資料編, 雄松堂, 2004.9
  • 『証券処理調整協議会資料マイクロフィルム版』企業別資料編, 雄松堂, 2007.3
    発売元
文献
  1. 武田晴人「『証券処理調整協議会資料』について」『証券処理調整協議会資料収録明細書』協議会資料編, 雄松堂, 2004.9
  2. 武田晴人「『証券処理調整協議会資料 企業別資料編』について」『証券処理調整協議会資料収録明細書』企業別資料編, 雄松堂, 2007.3
問い合わせ先
  • 経済学図書館図書運用係
  • 原本関係: 経済学部資料室

Comments are closed.