『図書館資料としてのマイクロフィルム入門』刊行

a10020このたび、当研究班の成果の一部を一般に還元するためにとりまとめて刊行いたしました。

日本図書館協会のサイトよりお求めになれます。

ご一読いただき、ご意見を賜れば幸いです。

JLA図書館実践シリーズ 27
著者・編者:小島浩之編
発行:日本図書館協会
発行年:2015.03
判型:B6判
頁数:180p
ISBN:978-4-8204-1420-9   本体価格:1,700円

内容:本書は図書館員がマイクロフィルムを取り扱うときに、念頭に置くべき基礎的な事項を、最新の研究成果も盛り込みながら解説したものです。まず、マイクロフィルムの構造、種類、取り扱い方法、利用の歴史、製造・撮影の概要を解説し、次に、マイクロフィルムの劣化と保存環境について考察するとともに、各種調査のデータおよび最新の研究データから日本の図書館におけるマイクロフィルム保存の現状を確認し、図書館の保存対策におけるマイクロフィルム保存の位置づけを考えます。未来のために情報を残す、そのために図書館は何をすべきか――図書館における資料保存のあり方にも考察をめぐらせる、奥深い1冊です。

コメントは受け付けていません。