東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター研究集会「ガラス乾板の調査・保存・研究資源化に関する研究」(11/6)

要申込
詳細は東京大学史料編纂所Webサイトトップページのニュース&トピックス欄をご覧下さい

【内容】

1.日時:2014 年11 月6 日(木) 13:00〜17:30
2.場所:東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター
(情報学環 福武ホール地下2F)

3.スケジュール
挨拶
史料編纂所附属画像史料解析センター長・教授 林譲
報告
①研究プロジェクトの概要・体制について
史料編纂所副所長・教授 山家浩樹
②写真史料としてのガラス乾板 —4年間のプロジェクト成果と課題から—
史料編纂所史料保存技術室(写真) 技術専門職員 谷昭佳
③日本史研究におけるガラス乾板の史料的意義について
史料編纂所助教 井上聡・史料編纂所特任研究員 木下聡
④ガラス乾板の調書作成・整理から見えてきた様々な劣化状況と保存方法につ
いて
史料編纂所学術支援職員 竹内涼子
⑤調書作成データ入力システムとガラス乾板画像のデジタル化について
史料編纂所史料保存技術室(写真) 技術職員 高山さやか
休憩
⑥写真史料の修復と保全を考える
写真修復家 白岩洋子
⑦パネルディスカッション
写真史料の保存と利活用 — モノ、ヒト、マネージメント、—
パネリスト:埼玉県立文書館 主任学芸員 新井浩文
東京都写真美術館 保存科学専門員 山口孝子
東京大学経済学部資料室 講師 小島浩之
※終了後、懇親会を予定

コメントは受け付けていません。