有価証券報告書を閲覧するには

経済学図書館で所蔵している有価証券報告書は、報告書の決算期(年)で媒体が異なっています。
CD-ROM版は全ての証券取引所の上場、店頭登録会社が収録されていますが、他は原則として東証1部上場企業のみの収録となります。
冊子体の閲覧については、原則としてマイクロフィルムもしくはデジタル化されていないものとなります。

媒体別収録年代 早見表
1949年~ 1961年~ 1986年~ 1996年~
マイクロフィルム OK
冊子体 OK OK OK OK(2002年12月決算期まで)
CD-ROM OK
Engel(営業報告書・有価証券報告書・目論見書データベース) OK
J-DAC 企業史料統合データベース OK
eol OK OK
EDINET OK(直近5年分のみ)

 

1949年(昭和24年)~1960年(昭和35年)

マイクロフィルム (請求記号: mf06:W1)

東京大学OPACで検索する
  1. 詳細検索画面で、媒体種別をマイクロリールに指定し、「有価証券報告書」をキーワードとして検索
  2. 詳細表示画面の「巻次」に収録されている企業名が表示されるので、企業名に該当する請求記号をメモする

※Engel(営業報告書・有価証券報告書・目論見書データベース)や閲覧室参考コーナーにある冊子体目録(『有価証券報告書マイクロフィルム版解説・索引』)でも検索できます。

マイクロリーダーの利用予約を行う

詳しくはマイクロリーダーをご覧ください。

冊子体

    1. 一部冊子体を所蔵しています。冊子体の検索はEngel(営業報告書・有価証券報告書・目論見書データベース)を使用してください。
    2. 企業名、請求記号、決算期(年)を指定してカウンターで請求してください。

1961年(昭和36年)~1985年(昭和60年)

J-DAC 企業史料統合データベース

所蔵の検索・利用方法

J-DAC 企業史料統合データベースにアクセスし、有価証券報告書のチェックボックスにチェックを入れ、企業名やフリーワードによる検索、または業種分類などから閲覧したい企業を探します。
有価証券報告書はブラウザ上で閲覧できます(Adobe ReaderなどPDF形式のファイルを閲覧できる環境が必要です)。学内限定。

Engel(営業報告書・有価証券報告書・目論見書データベース

所蔵の検索・利用方法

Engel(営業報告書・有価証券報告書・目論見書データベース)では、経済学図書館が所蔵する冊子体の有価証券報告書および、一部のデジタルアーカイブが検索・閲覧できます。

デジタルアーカイブの利用は、「有価証券報告書デジタルアーカイブ」をクリックするか、産業分類をクリックすると該当する範囲に含まれる目録データが一覧できます。必要に応じてキーワードで絞り込んでください。
有価証券報告書はブラウザ上で閲覧できます(Adobe ReaderなどPDF形式のファイルを閲覧できる環境が必要です)。

なお閲覧できる企業は、東京大学経済学図書館所蔵の有価証券報告書のうち一部(1961年から1985年までの東証1部を中心とした、産業分類で水産-鉄鋼に該当する14,906件)です。このデータはJ-DACにも全て含まれています。

冊子体

    1. 冊子体の検索はEngel(営業報告書・有価証券報告書・目論見書データベース)を使用してください。
    2. 企業名、請求記号、決算期(年)を指定してカウンターで請求してください。

1986年(昭和61年)~1995年(平成7年)

CD-ROM版有価証券報告書 (請求記号: CD:37)

    1. 収録内容の検索はEngel(営業報告書・有価証券報告書・目論見書データベース)を使用してください。
    2. 企業名、請求記号、決算期(年)を指定してカウンターで請求してください。
    3. 閲覧室参考コーナーにある冊子体目録でも検索できます。

eol

eolで上場企業の有価証券報告書の閲覧などが可能です。
※ 東京大学内からのみアクセス可能です。

冊子体

    1. 冊子体の検索はEngel(営業報告書・有価証券報告書・目論見書データベース)を使用してください。
    2. 企業名、請求記号、決算期(年)を指定してカウンターで請求してください。

1996年(平成8年)以降

eol

eolで上場企業の有価証券報告書の閲覧などが可能です。
※ 東京大学内からのみアクセス可能です。

EDINET

金融庁が提供するEDINETで有価証券報告書を閲覧できます。
ただし、閲覧できるのは直近5年分のみです。

冊子体

    1. 冊子体は2002年(平成14年)12月決算期分まで所蔵しています。
    2. 冊子体の検索はEngel(営業報告書・有価証券報告書・目論見書データベース)を使用してください。
    3. 企業名、請求記号、決算期(年)を指定してカウンターで請求してください。

Comments are closed.