「通産政策史資料オンライン版」利用開始のお知らせ

「通産政策史資料オンライン版」(J-DAC提供)第1回刊行分が利用可能となりました。
戦前~戦後直後の商工政策史資料や、戦後の通産政策史資料を収録したデータベースです。ぜひご利用ください。

概要

通産政策史資料は、政策立案に関わる「一次資料」、通産政策史関連書籍の「正史」、産業政策史研究所等が調査・編纂した「関係編纂資料」の3種の資料群から構成されています。
資料群の内容および現在利用できる資料は以下の通りです。

一次資料

経済産業研究所から国立公文書館つくば分館に移管された、商工政策史・通商産業政策史関係収集資料です。
『商工行政史』(商工行政史刊行会編, 1954-55年)、『商工政策史』(通商産業省編, 1961-85年)の編纂事業のために収集された資料、および『通商産業政策史』(通商産業省, 通商産業政策史編纂委員会編, 1989-94年)の刊行のために収集された資料で構成されています。
現在、約8200簿冊中約820簿冊が利用可能です。

関係編纂資料

通商産業調査会(現・経済産業調査会)産業政策史研究所等が調査・編纂した史料等です。
現在、日刊通産省公報(昭和24~43年分)が利用可能です。

※正史は利用できません。冊子体を経済学図書館で所蔵していますのでご利用ください。
※今年度刊行予定の第2回につきましても、一次資料と関係編纂資料を購入します。

アクセス方法

経済学図書館HPトップのクイックリンク(データベース)または「資料と情報の検索>その他の情報源(政府関係情報)」からご利用ください。

This entry was posted in 経済学図書館. Bookmark the permalink.

Comments are closed.