2019年度第2期展示「錦絵に見る明治初期の経済と産業」の開催(6月29日~8月29日 → 延長:9月30日まで)

2019年度 第2期展示「錦絵に見る明治初期の経済と産業」

経済学図書館が所蔵する明治期の錦絵の中から、次の一万円札の肖像に決まっている渋沢榮一と関係の深い、第一国立銀行の開業当初の建物である「海運橋五階造」の建物や、明治期の重要産業である製糸業に関する錦絵など、明治初期の経済や産業に関するものを展示しています。

展示資料

  • 海運橋五階造眞圖, 應需 一曜齋國輝(画), 東京南槇町伊勢屋兼吉(版元), [1872?]
  • 東京開運橋三ッ井為替座, 國正久(筆), 浅草地内大橋堂蔵板, [1872?]
  • 駿河町三井銀行, 梅壽國利, 深瀬亀治郎板, [1876?]
  • 養蠶皇國榮, 梅堂國政(図), 竹内榮久(画工)林吉藏(出版人), 1878 年8 月26 日
  • 加州金澤製絲場之圖, 西尾慶治(画), 加賀金澤刀工近廣堂與作, [1877?]

展示会ポスター&チラシPDF

This entry was posted in 主催展示, 展示, 経済学図書館, 経済学部資料室. Bookmark the permalink.

Comments are closed.