2019年度第1期展示(4月13日~6月27日)「おわりとはじまり」の開催

2019年度第1期展示「おわりとはじまり」東京大学経済学図書館の貴重資料から

2019年4月1日に東京大学大学院経済学研究科・経済学部は創立100年を迎えました。
4月は新3年生や大学院への新入生を迎える時期でもあり、何かが終わり新たな始まりを迎える時期です。そこで今回は「おわりとはじまり」をテーマにして、本館所蔵の貴重資料から数点選んで展示しました。資料やその作者・著者が何らかの形で物事の「おわり」や「はじまり」に関わっています。それが何であるのか、どうぞ考えながら鑑賞してみてください。

展示資料

  • The Town of Lanark(彩色銅版画, 1825年)【貴重図書:オウエン⽂庫】
  • 『⽶穀売買出世⾞』(1748 年刊)【特別資料:5Z 古⽂書】
  • ⼭⼀證券株式会社臨時取締役会議事録(1997 年11 ⽉22 ⽇)【特別資料: ⼭
    ⼀證券資料】
  • カール・マルクス書簡(1878年1月1日付)【貴重図書】
  • ジョン・メイナード・ケインズ書簡(1933 年5月3日付)【貴重図書:ケインズ/ハロッド、その他経済学者書簡、覚書】

このほか会期中に期間を限定して、アダム・スミス旧蔵書などを展示する予定です。

展示会ポスターPDF

展示会チラシPDF

This entry was posted in 主催展示, 展示, 経済学図書館, 経済学部資料室. Bookmark the permalink.

Comments are closed.