データベース利用開始のお知らせ(British Library Newspapersほか)

総合図書館が、下記3データベースのサービスを開始しました。
ぜひご利用ください。

British Library Newspapers. pt. 3-5

【内容】
大英図書館所蔵のイギリスの新聞をデジタル化したもの。地方紙も多数収録。
(pt. 1-2は、2013年の大型コレクション「British Newspapers 1600-1900」に含まれ、導入済)

Nineteenth Century Collections Online. Archive 9

【内容】19世紀を中心に、17世紀後半から20世紀初頭までの、イギリス・ヨーロッパの定期刊行物とアメリカの書籍を収録。Archive 9は、Archive 7に続くもので、1660年から1925年までの科学アカデミーの出版物、自然史関連文献、イギリスとウェールズの公衆衛生に関する英国公文書館文書、昆虫学関連文献を収録。
(Archive 2, 7は導入済)

Economist Historical Archive 1843-2014

(※平成25年3月から利用できない状態になっていましたが、再び利用できるようになりました。)
【内容】1843年から2014年のEconomist誌の全ページを横断検索することができます。 年代別や収録された写真・地図・グラフなどのイメージ画像からの検索もできます。

アクセス先

いずれのデータベースも
学内から:
https://gdc.galegroup.com/gdc/artemis?p=GDCS&u=unitokyo
※横断検索プラットフォーム「Gale Primary Sources」の検索欄の左側で、
それぞれのデータベース名 だけを選択して検索可能です。

学外から:
「SSL-VPN Gatewayサービスまたは認証GWサービスによる学外からの利用方法」を参照
http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html

いずれのデータベースも同時アクセス数は無制限です。

This entry was posted in 経済学図書館. Bookmark the permalink.

Comments are closed.